絵本レポート

絵本の感想です

絵本の感想ブログ。『ぷんぷんぶふふ』ここが私のオススメポイント! これはびっくりノンストレス!

『ぷんぷんぶふふ』は、オノマトペを使ったリズミカルな絵本です。
0歳から読める赤ちゃん絵本。
ちなみに、娘と息子が赤ちゃん時代はお気に入りの1冊でした。

では、詳しく紹介していきます。

感想

あー、これはストレス溜まらんでいいわー。

と、私はまず感じました。

育児とは、完遂を妨げられる事の連続である。 by草好き母さん(私)

掃除洗濯料理は勿論の事、食事にトイレに風呂に睡眠に車の運転。母親が生きて活動すれば生産活動どころか生命活動まで、とにかく全てが邪魔される。
本読みもまたしかり。

目を輝かせながら黙って行儀よく絵本を読んでもらってる子なんて、我が家には居やしません。
我が家のちびっ子達にとって、本は聞くよりめくるもの。あるいは口を挟んで盛り上がるもの。

むかしむかしあるところにー
娘「あ、川!なあなあどんだけ昔なん!?(質問に答える前に)あ、ここにお婆さんおる!」
息子「…(無言)」(熱心にベラベラと勝手にページをめくろうとする)

なあまずは黙って座って話きいてみよか!

絵本読むだけで、娘(5歳)には話を遮られ息子(2歳)には絵本自体をぶん盗られ、朗読どころじゃありゃしない。
あー、ストレス溜まるわぁ〜っ

これ、絵本朗読あるあるじゃありません?

でもこの絵本には、それが当てはまらないんです。

その理由は、『ぷんぷんぶふふ』のオススメポイントで説明いたします。

『ぷんぷんぶふふ』の本の特徴

サイズと重量(重さ)

縦7cm 横7cm 厚さ1.5c 重量290kg
持てばすっと手に馴染む感じ。特別軽くはありませんが、これ1冊くらいならママバッグに入れていてもさほど負担にはならなさそうです。

読み終わるまでの所要時間

1分から2分

文字のサイズ、読みやすさ

1文字縦横5㎜で基本黒文字。
背景色は様々ですが、読みにくさは感じません。

構造・質感

全てのページつるっとしていて平坦です。
一ページずつの厚さが、まだ指先の分離が進んでいない乳幼児でもめくれるくらいぶ厚いです。

対象年齢

本には、0・1・2歳と書かれています。

『ぷんぷんぶふふ』のオススメポイント

最初にも書きましたが、文がオノマトペを利用していて、リズム感があって楽しいです。
また、絵は無駄に多くの色を使っておらずコントラストをはっきりとさせていて、乳幼児が好きそうな見やすいものです。
計算された絵本、て感じですね。
ページ1枚1枚がぶ厚いので、子供でもめくりやすい

そして、私が感想にも書いた読み手にストレスがかからない理由。
それは、絵本の構造に関係しています。
『ぷんぷんぶふふ』は、1ページに書かれている言葉数が俳句より短く、しかも物語じゃないので見開き1ページで完結しているんです。だから、途中で口を挟まれても、物語が中断する事もないし、子供にめくられてしまう前に1ページをパッと読んでしまえる。
しかも、見開き1ページ完結型だから、どこをめくられてもいい。
いきなり真ん中のページをめくられて、話が飛んじゃうから親がめくり直して子供がヘソを曲げてしまう、なんて事にならないんです。

どうです?読み手にはなかなか魅力的じゃありません?

子供だけでなく読み手にも優しいノンストレスな絵本

それが『ぷんぷんぶふふ』です。

『ぷんぷんぶふふ』の情報(作者・発行所など)

タイトル:ぷんぷんぶふふ
監修:稲田大祐
絵:フクバリンコ
発行者:永岡修一
発行所:株式会社永岡書店


絵本の感想ブログ。『かえるくんにきをつけて』ここが私のオススメポイント! 絵の神さん降りてきた!?

こんにちは。
今回は、五味太郎さんの『かえるくんにきをつけて』を御紹介いたします。

まずは感想

うーん、ユーモアあるなぁ
流石は五味太郎さん。

と、いうのが1回目に読んだ感想。

読者をおちょくってくるカエルくんが、何とも言えず可笑しかわいい。
あー、いるわいるわ、こんな子。
朗読しながら「ふふっ」と笑える。
そんな絵本です。

ただ、5歳の娘には、このユーモアが少し分かりにくかったみたいです。
読み終わったら開口一番、

「なんでこのカエルに気ぃつけやなあかんのー?」

でしたから。

なるほどなー、こういう笑いはまだなんやなー。
って、大人が勉強になりました。

ボリュームは少ないけど、内容はもしかしたらもうちょい大きい子向けなのかもしれませんね。

いつか我が子が、この絵本を読んでクスッと笑えるようになったら、
「お!ちょっと大人になったやん」
と、私はニヤリするでしょう。

『かえるくんにきをつけて』の本の特徴

サイズ・重量(重さ)

縦20㎝ 横19㎝ 厚さ8㎜ 重量225g
ママかばんに入れて持ち歩いても負担にならない大きさと重さです。

読み終わるまでの所要時間

1分あれば十分です。

文字のサイズ、読みやすさ

1文字縦横1㎝くらい。
白地に黒文字で非常に読みやすいです。

質感・構造

ハードカバーの極平均的な絵本です。つるっとした質感で、凹凸はありません。

予想対象年齢

読み聞かせるだけなら1歳からでもよさそう。でも、面白ポイントを共有したいなら5歳以上かな、と思います。

『かえるくんにきをつけて』のオススメポイント

・・・うふふ、待ってましたよ。

そう。それで、それでですね。
私のこの絵本のイチオシお勧めポイントなんですがね。

なんですよ。

もう、5歳のうちの子でも描けるんちゃう?
ってくらいカンタンに見える絵なんですけどね。
でもよく見ると、目の離れ方、口の角度、手足の長さ、これらのバランスが絶妙なんです。

どんな絵かというと、ドラ○もん、や、アンパン○ン、に近いですね。
簡単そうに見えて、実はきんと描くのが難しい。

いざ描いてみると、

あれ?なんか違う。あの雰囲気が出ない。ニセモノ感ハンパない。

ってなるんです。

今、ドラ○もん?アンパン○ン?そんなん簡単やん!ハッハッハー

と笑ったあなた。

じゃあ、1分間見本を凝視してその記憶頼りに描いてみなはれ。
いや、見本を見ながらでもいい。
よほど模写力があるか、描き慣れてないかぎり、そらまあバランスの悪い代物が出来上がるはずですわ。
私、試しに見ながら描いてみました。
f:id:kusazukikaasan:20210109175601j:plain
ね、かえるくんの威張った感じが出せてない。パチもんやパチもん。

素が出たみたいにポカンと口を開けたカエルくんの間抜けた顔。
威張ってる表情。
カエルくんの気持ちや性格が、丸と曲線の少ない要素で、五味太郎さんは見事に表現されています。

たまにね、私の子供もこんな風な絶妙な絵を描いたりします。
でも、二度と同じ絵は描けないんですよ。

だから私は、こういう時は
「絵の神さん降りてきたなぁ!」
と言います。

絵の神さんを宿した絵本
それが、
『カエルくんにきをつけて』
です。

『かえるくんにきをつけて』の情報(作者、発行所など)

タイトル:かえるくんにきをつけて
作者:五味太郎
発行所:(株)偕成社


絵本の感想ブログ。『だるまさん』シリーズ。ここが私のオススメポイント!ボロボロになっても読む!

こんにちは。草好き母さんです。
今回は、かがくいひろしさんの『だるまさん』を御紹介いたします。
今のところ私の中で、買って良かった絵本NO.1!です。


まずは、感想

面白いです。楽しい。間違いない!
流石、話題になっただけはあります。

『だるまさん』の本の特徴

サイズと重量(重さ)

1冊につき:縦8cm 横8cm 厚7mm 重量178kg
流石に3冊全部、ママバックに入れるのは少し存在感がありすぎるかも。でも、無理ではないです。
もちろん1冊ずつなら全く負担になりません。

読み終わるまでの所要時間

1冊1分あれば十分。3冊読んでも3分とかかりません。

文字のサイズ、読みやすさ

1文字縦横1㎝以上で白地に黒文字。
読みやすいです。

構造・質感

ハードカバーの、極標準的な絵本です。
3冊セットのものを購入すると、厚紙のケースに入っています。

対象年齢

本に明記されてはいませんが、0歳からでも読み聞かせに使えそうです。

『だるまさん』のオススメポイント。

私には子供が二人おりますが、今やこの三冊はボロボロに。それでも読んでくれ、と持ってくるのが『だるまさんシリーズ』。
だるまが転べば子供も転ぶ。だるまがピースすれば子供もピース(のような形の手)する。
思わず動きを真似たくなるのが、魅力ですね。
文章にもリズム感があって、絵も可愛らしくて、繰り返し読んでも負担にならないボリューム。
しかもすぐ暗唱できるから、親は仕事しながら朗読出来てしまう!
その上、素朴ながら味のある可愛らしい絵で、飽きがこない。
一度買ったら、手放す理由が無い!
素晴らしい、の一言ですね。
うん、買ってよかったです、ホント。
図書館にあるから、って。保育園や幼稚園にあるから、って。家用に買うのを止める理由にはなりませんでした。

おわりに

小さい頃、よく言われましたよ。
だるまさんみたいに、転んでも転んでも起き上がる強い子になるんやで。七転び八起きやで!
ああ、婆ちゃん・・・。そりゃ転べば起き上がるしかないけど、時には転んだままベソベソ泣いてたいときもあらぁ・・・
あの赤い塊は、私にとってプレッシャーでした。
でも!この絵本で私の中のだるまさんのイメージはがらりと変わった!
だるまさんは、もう不屈の精神の象徴じゃないんだ!
こんなにも愉快な存在なんだ!

びよーんと餅みたいに伸びちゃってさ~
プッとおならもしちゃってさ~
髪の毛もしっぽも生やしちゃってさ~
そんで、お友達の果物さんと組み体操しちゃうんだ~

かがくいいひろし、天才か!

本の情報
タイトル:だるまさんシリーズ が の と
     だるまさんが1
     だるまさんの2
     だるまさんと3
作:かがくいひろし
発行所:ブロンズ新社

1冊ずつ買えるけど、3冊セットがオススメですよ。

f:id:kusazukikaasan:20210104101601p:plain
フリー素材から頂きました。 牛だるま。本年もよろしくお願いします。